情報教材レビュー

張山博正 Global FEE(グローバルフィー)の悪魔的な真実がヤバすぎる!?

 

どうもナオルです!

今回は張山博正(はりやまひろまさ)氏の「Global FEE(グローバルフィー)」
についての情報商材(無料オファー)の評判や、詐欺チェック、口コミ、副業として稼げるのか?などを検証レビューをしていきたいと思います。

 

が、

 

結論から申し上げると、

私なら絶対に手を出しません

何故、そう思ったのかを検証レビューしていきたいと思います。
最後までお付き合いただければ幸いです。

張山博正(はりやまひろまさ)ってどんな人?

さて今回の「Global FEE(グローバルフィー)」をリリースした張山博正(はりやまひろまさ)氏とはどのような設定のフリーアクター(役者)人物なのでしょうか?

ランディングページには特にプロフィールなどの記載はありませんでした。

これまでの実績や経歴は一切不明です。
ネット検索しても、それらしき情報は一切ヒットしませんので、どこかの惑星の妖精さんなのかもしれません。

 

特商法はどうなっている?

次に特商法を確認してみましょう。
特定商取引法の対象取引となっている種型は以下の7つです。

・訪問販売
・通信販売
・電話勧誘販売
・連鎖販売取引
・特定継続的役務提供
・業務提供誘引販売取引
・訪問購入

こういったオファー案件は「通信販売」に該当します。
なので特商法の記載は法律で義務付けられています。

特商法では主に

・会社名と代表者名
・所在地(住所)
・電話番号
・返品(返金)についての制度はしっかりと表示させる

といった内容を記載する必要があります。

そして注意すべきなのは、
こういったインターネットを介したオファー案件ではクーリングオフは適用されません。

なので、返品の条件明記については非常に重要です。
正に命綱です。
どんな場合に何日以内にどのような方法、手続きで返品ができるのか?
という内容を事業者は明示しなければなりません。

その事を踏まえて特商法を見てみましょう。

 

特商法

商品名:Global FEE
販売責任者:株式会社YZT
所在地:〒272-0133千葉県市川市行徳駅前ゴールデンケンタビル2F
お問い合わせ:info.globalfee@gmail.com

 

素晴らしい内容の特商法ですね!
株式会社YZTは、12万人ものユーザーを抱えており、1日の最高収益は2000万円。
さらに中国や台湾でも活躍する企業という設定事のようですが、全然内容が見合っていませんw

 

順番にツッコんでいきます。

先ず電話番号の記載がありません。
そして唯一の連絡先であるメールアドレスが、いくらでも使い捨て&量産可能なフリーメールです。

いつ音信不通になっても不思議ではありません。

 

そして所在地となっている所がここです。

ここは自宅でしょうか?
一人暮らしの大学生が住んでそうな所ですね。
とてもじゃないですが、儲かっているとは思えませんw

 

さらに販売元である「株式会社YZT」ですが、法人登録を調べてみると…

代表者名、電話番号、公式HPの記載がありません。
本当に張山博正(はりやまひろまさ)氏がオファーしているのか?
そもそも張山博正(はりやまひろまさ)氏は実在の人物なのか?という部分が怪しくなってきました。

 

そして法人登録は2020年の3月26日です。
ついこの間ですw

 

起業したのはついこの間のようですが、公式HPも持たずに今までどうやって12万人ものユーザーを抱えてこれたのでしょうか?
なんともミステリアスな会社です。

 

とりあえず今回の「Global FEE(グローバルフィー)」の為に設立した、トンズラ前提の張りぼて会社です。
当然ながら何かトラブル等が起きても確実に泣き寝入りとなりますので、十分に注意が必要です。

 

Global FEE(グローバルフィー)の内容は?

そして肝心の「Global FEE(グローバルフィー)」の内容はどのようなものでしょうか?

「Global FEE(グローバルフィー)」のキャッチコピーを要約するとこんな感じです。

キャッチコピー

スキル、経験一切不要!

スマホ一台あれば毎月に30万円稼げちゃいます(*´艸`*)

500名様限定のオファーなので、気になる人はお気軽に参加してみてくださいね~♪

 

と、こんな感じです。

 

 

 

 

順番にツッコんでいきましょうw

先ずこの時点でビズネスモデルが「手数料収入」だという事しか判明していません。
そしてスマホだけで完結する「手数料収入」という事から、「決済代行サービス」がビジネスモデルだと推測されます。

 

スマホ決済と言えばPayPayが有名ですね。
今や5人に1人が利用していると言われています。

しかし、Global FEE(グローバルフィー)の場合は1万人に1人以下という、非常に少ないです。

PayPayの場合は300億円以上の予算を組み、それを還元キャンペーンとして利用者を獲得した流れになりますが、Global FEE(グローバルフィー)は500人限定でアカウント開設で毎月30万となっていて、先発組だけが得する仕組みになっています。

 

どうみても不自然です。
とてもじゃありませんが、長い目で見るとユーザーを増やす目的でやっているとは思えません。
なにより毎月30万が発生する仕組みが一切わかりません。

 

そして現時点で12万人ものユーザーを抱え、中国や台湾にも展開しているとほざいて言ってますが、それほどの規模であるならネット検索でヒットしないのはありえません。

そんなに利用者がいれば、嫌でも口コミや評判があるはずです。
何も評判や口コミがないのは明らかに不自然です。

 

 

そもそも、本当に「Global FEE(グローバルフィー)」というものが存在しているのかどうかも怪しいです。

法人登録したのもついこの間のことです。
12万人ものユーザーを抱えている企業が電話番号や公式HPを公開していないなんてことは絶対にありません。

「株式会社YZT」自体はトンズラ前提のオファーである可能性も十分に考えられます。

 

以上の事から、「Global FEE(グローバルフィー)」に参加しても稼げないどころか、高額バックエンド商品を売りつけられる、もしくは運用資金を持ち逃げされる危険性が高いので、参加は見送ったほうが無難でしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「張山博正 Global FEE(グローバルフィー)の悪魔的な真実がヤバすぎる!?」についてご紹介しました。

最後に「Global FEE(グローバルフィー)」の要点をまとめると、

・Global FEE(グローバルフィー)の存在が確認できない
・再現性が全くない
・高額バックエンド商品が待ち受けている可能性大

以上の事から「Global FEE(グローバルフィー)」への参加して、実際に稼げる事はないどころか、逆にむしりとられる可能性がありますので、見送ったほうが無難です。

この記事が、すこしでも貴方のお役に立てれば幸いです。

最後に

私の意見としては、不透明な部分が多く、稼げるまでのプロセスがはっきりしないビジネスや副業に参加するのは止めておいたほうが無難でしょう。

以前は私もさんざん詐欺商材に引っかかってきました(;^ω^)

今まで騙された金額だけで、そこそこの新車が買えるくらいですw

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

そして思い知ったことがあります。

それは…

「この世の中に努力も苦労もしないで月に50万も100万も稼ぐ方法はない!」

ということです。


あったとしても、それを実践できるのは一握りの天才だけです。

どんなビジネスでもしっかりとしたプロセス通りに、正しい努力をしなければ絶対に成果はでない!


のですが、


実はほったらかしで楽に月に5~10万円、それ以上に堅実にコツコツ稼ぐのは可能なんです。


その方法とは、


FX自動売買ツールで稼ぐという方法です( *´艸`)

もちろんこの記事で紹介しているような怪しいツールではありませんw

私の使っているEAのデータなどの詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

そのお陰で今は念願だった脱サラも達成しました。

大事なのは、

本物のツールを正しく使って最速で楽に稼ぐ!

という事です。

想像してみて下さい。

本業の給料以外に本当に5万円稼げたら凄いと思いませんか?

はっきり言って人生変わりますよね?

残念ながら「ワンクリックで誰でも日給2万円!」といった手法はありません。

でも現実に副収入として月に5~10万円を稼ぐ事は出来ます。

そして現在、私が使用している自動売買ツールの無料モニターを募集しています。

下記にある私のLINE@にご登録(友達追加)していただいた方限定で無料でプレゼントいたします。

是非とも本業のお給料以外に5~10万円と稼げる事を実感してください!
そしていつか私のように脱サラしてくださいw

ですが、
この自動売買ツールの無料配布は、限定数だけの配布予定なので、予告なしに終了する可能性があります。

なので気になった方はとりあえず詳細だけでも手に入れることをオススメします。



ナオルの直通LINEはこちらです。

お問い合わせや質問だけでもお気軽にどうぞ!





PCの方はQRコードから追加できます。

 

 

【期間限定】月給20万稼げるFX自動売買ツールを無料プレゼント中!⇒詳しくはコチラをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。