情報教材レビュー

下田学 Galileo(ガリレオ)の悪魔的な真実がヤバすぎる!?

 

どうもナオルです!

今回は下田学(しもだまなぶ)氏の「Galileo(ガリレオ)」
についての情報商材(無料オファー)の評判や、詐欺チェック、口コミ、副業として稼げるのか?などを検証レビューをしていきたいと思います。

 

が、

 

結論から申し上げると、

私なら絶対に手を出しません

何故、そう思ったのかを検証レビューしていきたいと思います。
最後までお付き合いただければ幸いです。

下田学(しもだまなぶ)ってどんな人?

さて今回のGalileo(ガリレオ)をリリースした下田学(しもだまなぶ)氏とはどのような人物なのでしょうか?

ランディングページには特にプロフィールなどの記載もありませんので、どういった経歴、実績があるのか不明です。

 

ネットで検索してみても、それらしき情報はヒットしませんでした。

一体何処の誰でどういう人物なのかが一切不明です。

もしかしたら他の惑星からきた妖精さんなのかもしれません。

 

 

 

特商法はどうなっている?

次に特商法を確認してみましょう。
特定商取引法の対象取引となっている種型は以下の7つです。

・訪問販売
・通信販売
・電話勧誘販売
・連鎖販売取引
・特定継続的役務提供
・業務提供誘引販売取引
・訪問購入

こういったオファー案件は「通信販売」に該当します。
なので特商法の記載は法律で義務付けられています。

特商法では主に

・会社名と代表者名
・所在地(住所)
・電話番号
・返品(返金)についての制度はしっかりと表示させる

といった内容を記載する必要があります。

そして注意すべきなのは、
こういったインターネットを介したオファー案件ではクーリングオフは適用されません。

なので、返品の条件明記については非常に重要です。
正に命綱です。
どんな場合に何日以内にどのような方法、手続きで返品ができるのか?
という内容を事業者は明示しなければなりません。

 

が、Galileo(ガリレオ)には特商法の記載はありません。

いうまでもありませんが、何かトラブル等が起きても確実に泣き寝入りとなりますので、十分に注意が必要です。

 

Galileo(ガリレオ)の内容は?

そして肝心のGalileo(ガリレオ)の内容はどのようなものでしょうか?

ランディングページのキャッチコピーを要約するとこんな感じです。

キャッチコピー

天才数学者が3年の月日をかけて遂に自動売買システムPSB(Personal System Bank)が完成したよ!

元手10万円がたった2年で2700万円に!

利用者20名全員が1日3万円稼げてます!

今なら通常298,000円が今回50,000円だから、みんな買ってね~(*´艸`*)

 

と、こんな感じです。

 

 

 

 

 

順番にツッコんでいきましょうw

 

先ず自動売買システムPSB(Personal System Bank)を作成した天才数学者とは何処の誰なのでしょう?

せめて名前くらいは教えてほしいものですねw

あくまでイメージですが、こんな感じの天才数学者なのかもしれません。

頑固者で口が悪くて酒臭いけど、意外と涙もろい一面もある町内会長の龍之介さん

こんな奴だったら100年かけても無理だろ。

 

 

そして利用者20名全員が1日3万円の収益を上げているとほざいて言ってますが、その割には評判や口コミなどは一切ありません。

それほど稼げているのであれば、嫌でも評判はあるものなのですがねw

 

さらに元手10万円がたった2年で2700万円に増えたともぬかしやがって言ってますが、それが本当なら取引履歴などのデータを公開してないのは何故でしょうか?(^_^;)

自動売買ツールを使うのであれば、性能を示すデータの公開が絶対に必要です。

・バックテスト、フォワードテストの結果
・入金履歴と取引履歴
・Quant Analyzerの分析結果

最低でもこのデータはないと判断できません。

貴方がもし会社の経営者だとして、スキルのいる専門職の従業員を募集したとします。
そして、面接にきた人の履歴書に「学歴・職歴・経験・資格」の記載がない人を雇いますか?
それと全く同じ事で、このデータはその自動売買ツール(EA)の「学歴・職歴」にあたります。

 

今までのどのくらい収益を上げることができたのか?
性能を数値化すると、どのような結果になるのか?

このデータなしに自動売買ツールを使用するということは、学歴や経歴は一切不明で、実績も経験、スキルも0だけど「やる気はあります!」としかアピールしてこない人を雇うくらい無謀な事です。

 

本当に稼げるのであればデータの公開をするのが普通ですが、公開しない理由はただ一つ、
稼げないクソツールだという事がバレてしまうからです。

 

自動売買ツール(EA)においてバックテストのデータやQuant Analyzerの分析結果などは誤魔化しようがないのです。
誤魔化しても見る人が見れば一瞬で嘘だとバレます。

こういったデータを公開していない自動売買ツール(EA)はまず怪しいと思ったほうがいいでしょう。

 

さらに、このEAがどんなタイプのEAなのかの紹介もありません。
スキャルピング型なのか?
ナンピン型なのか?
両立て方式を採用しているか?
運用通貨や最大保有ポジションなど、運用資金やどれほどのマネープレッシャーがあるのか?
といった事に関わってくる非常に重要なデータです。

 

 

そして値段ですが、もし自動売買システムPSB(Personal System Bank)が本物だったとして、通常298,000円が今回50,000円とありますが、この値段ではハッキリいって赤字です。

3年の月日とそれ程の性能があるものであれば、巷で50~60万は下らないでしょう。

 

それを5万で販売などありえません。

いいとこ、そこらへんにある無料EAを拾ってきてPSB(Personal System Bank)として販売しているのが関の山でしょう。

 

何より何処の誰が作成して、何処の誰が販売しているのかが不明です。
購入後は返品などはできません。

もちろんその後にトラブル等があっても確実に泣き寝入りとなります。

 

以上のGalileo(ガリレオ)への参加は非常に危険であると判断します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「下田学 Galileo(ガリレオ)の悪魔的な真実がヤバすぎる!?」についてご紹介しました。

最後に「Galileo(ガリレオ)」の要点をまとめると、

・何処の誰が作成して、何処の誰が販売しているのかが不明
・Galileo(ガリレオ)の性能が全くわからない
・高額バックエンド商品が待ち受けている可能性大

以上の事から「Galileo(ガリレオ)」への参加して、実際に稼げる事はないどころか、逆にむしりとられる可能性がありますので、見送ったほうが無難です。

この記事が、すこしでも貴方のお役に立てれば幸いです。

 

最後に

私の意見としては、不透明な部分が多く、稼げるまでのプロセスがはっきりしないビジネスや副業に参加するのは止めておいたほうが無難でしょう。

以前は私もさんざん詐欺商材に引っかかってきました(;^ω^)

今まで騙された金額だけで、そこそこの新車が買えるくらいですw

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

そして思い知ったことがあります。

それは…

「この世の中に努力も苦労もしないで月に50万も100万も稼ぐ方法はない!」

ということです。


あったとしても、それを実践できるのは一握りの天才だけです。

どんなビジネスでもしっかりとしたプロセス通りに、正しい努力をしなければ絶対に成果はでない!


のですが、


実はほったらかしで楽に月に5~10万円、それ以上に堅実にコツコツ稼ぐのは可能なんです。


その方法とは、


FX自動売買ツールで稼ぐという方法です( *´艸`)

もちろんこの記事で紹介しているような怪しいツールではありませんw

私の使っているEAのデータなどの詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

そのお陰で今は念願だった脱サラも達成しました。

大事なのは、

本物のツールを正しく使って最速で楽に稼ぐ!

という事です。

想像してみて下さい。

本業の給料以外に本当に5万円稼げたら凄いと思いませんか?

はっきり言って人生変わりますよね?

残念ながら「ワンクリックで誰でも日給2万円!」といった手法はありません。

でも現実に副収入として月に5~10万円を稼ぐ事は出来ます。

そして現在、私が使用している自動売買ツールの無料モニターを募集しています。

下記にある私のLINE@にご登録(友達追加)していただいた方限定で無料でプレゼントいたします。

是非とも本業のお給料以外に5~10万円と稼げる事を実感してください!
そしていつか私のように脱サラしてくださいw

ですが、
この自動売買ツールの無料配布は、限定数だけの配布予定なので、予告なしに終了する可能性があります。

なので気になった方はとりあえず詳細だけでも手に入れることをオススメします。



ナオルの直通LINEはこちらです。

お問い合わせや質問だけでもお気軽にどうぞ!





PCの方はQRコードから追加できます。

 

 

【期間限定】月給20万稼げるFX自動売買ツールを無料プレゼント中!⇒詳しくはコチラをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。