仮想通貨をやっていると「ICO」と言う謎の言語を発見しませんでしたか?
仮想通貨トレードをする上では知っておいたほうが良さそうだけども、なんだか説明が難しくってわからんし今さら聞けないわー!という方の為に「ICO」について初心者にもわかりやすく解説していきたいと思います

 

 

ICOとはズバリなんなの?

「ICO」とは「Initial Coin Offering」の略で、トークンなどとも呼ばれています
トークンというのは企業が独自で発行する仮想通貨のことです
つまり企業が資金集めのためにトークンを発行し資金を集めるといった仕組みになります
なので株券と同じようなものですね

 

 

企業側としては

社長「いやーこの新商品を開発すれば絶対に儲かるんだけどなぁ…金ねーから作れねーし」
専務「社長!それならトークン発行して金集めましょうよ!」
社長「トークン?何それ?」
専務「うちが独自に発行する仮想通貨ですよ!出資者を募ってうちのトークンを買ってもらって、それでできた金を新商品開発の資金にしましょう!」
社長「よし!じゃんじゃんトークン発行して金集めまくろう!」

みたいな感じです
実際にこんな軽いノリで決めてる発行している企業はあまりないと思いますがw

 

ICOのメリットは?

ICOのメリットとしてあげられるのが

・株式のような優待や議決権はないこと
・上場していない企業でも第3者を介することなく資金調達ができる

といった点があげられます
既に実績があり銀行などから融資などを受けれる企業ならばいいですが
まだ実績のない小さな企業ではそうもいきません
ですので、まだ実績のない小さな企業でも資金集めができるというのが大きな特徴ですね
ICOを行うことにより資金集めのハードルが低くなったと言えます

 

 

リスクはないの?

面倒な手順を省けて、尚且つ実績のない小さな企業でもチャンスを掴む事ができるICOの素晴らしい仕組みですが、もちろん良いことばかりではありません
ICOで出資する側が詐欺にあう可能性は常に捨てきれません
ICOを実施する企業が最初から持ち逃げ前提で資金集めをしている可能性もあります

社長「あー金ねぇなーなんか楽して金儲けできねーかなー」

専務「社長!実は楽して金儲けできる方法がありますよ!」

社長「え!?何それ!どんなふうにするの!?」

専務「ICO実施してトークン発行しまくって資金集めするんですよ!」

社長「んーでも今うちの会社で新商品の開発とかの予定ないよ?そんなんじゃ出資者もトークン買ってくれないでしょw」

専務「いやいやいや、そんなの適当にでっち上げればいいんですよ!別に第3者を介する訳じゃないんですから!」

社長「あ!そうか!んじゃ資金集めしたら適当な理由つけてバックレちゃえばいいね!」

専務「そーなんですw」

社長「専務…お主も悪よのぉ~グヘヘヘヘ(´ω`)」

 

みたいな事を企んでいる企業も少なからずいる可能性は捨てきれませんので注意が必要ですね(;^ω^)

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「ICOとは何か?ガチ初心者でもわかりやすく説明」について書かせていただきました
仮想通貨をうまく使った資金集めの仕組みは非常に画期的ですね!

今まで実力はあったのに実績が無いばかりにチャンスを掴めなかった企業には、とても嬉しい仕組みと言えます
ただ、どんな素晴らしく便利な機能や仕組みができても常にそれを悪用する輩がいるのは仕方の無い事でもあります

なので出資者側はしっかりとした知識をもって検討しなければなりませんね

本記事でICOの仕組みに対する疑問も解決できれば幸いです
ぜひ参考にしてみてくださいね(^_^)

 

 

 

 



絶対に知っておくべき!ド素人がネットビジネスに手を出した結果が凄まじい事に...


巷にはいろいろなネットビジネスでの稼ぐ情報がありますよね

中には数十万円もする教材や高額塾もあります
しかしネットビジネスのド素人にとっては
稼ぐには何をすればいいのか?
どんな教材を買えばいいのか?
どれが本物の情報なの?

などなど...

疑問や不安点など上げればキリがないですよね(;´∀`)

わたしもそんなネットビジネスのド素人でした
どのくらいのド素人だというと、
「え!?グーグルあかうんとって何?」
「どめいんって何!?」
「サーバーって何!? いやいや別に俺そんなにビール好きじゃないしw」


って本当にこんなレベルでしたw

ネットビジネスで月に5千円以上稼げるのは5%以下、3万円以上稼げる人は3%以下と言われています
なんとも厳しい現実ですね...

しかしなんとかして貧乏から抜け出したい!!
そんな願いを胸にネットビジネスのド素人のわたしがネットビジネスに挑戦してみたのです!


その結果が凄まじいことに...
続きはこちら