さまざまな仮想通貨で使われている「マスターノード」
しかし、いくら調べても専門用語が多すぎて、イマイチよくわからない人も多いのではないでしょうか?
ここではマスターノードとは何か、意味や立てについて
出来るだけ簡単に解説していきたいと思います。

 

マスターノードとは?

まずマスターノードの解説をします。
マスターノードは一言でいうなら、仮想通貨の管理人のようなものです。
具体的な役割は、ブロックチェーンの署名や取引データの書き換えなどの不正のチェックをします

そしてプライベート送金や即時送金などがスムーズにできるようにサポートもしています。
それぞれの仮想通貨によって若干違いますが、マスターノードの主な役割は仮想通貨の取引を手伝うことです。
よく聞くフルノードやスーパーノードも役割としてはマスターノードとほとんど同じと考えていいですね

 

 

 

マスターノードを立てるとは?

マスターノードを立てるとはマスターノードを設置して動かすということです。
立てることによって、株主配当のように報酬として仮想通貨が貰える仕組みになっています。
立てるには

・ある程度の仮想通貨を保有している
・サーバーをもっている
・24時間PCを稼働する
という条件があります。

 

マスターノードを立てるのに必要な仮想通貨の保有量は通貨によって違います。
例えばDASHでは1000DASH(約7500万円)と多額の資金が必要です。
さらにサーバーなどコンピューターの知識も必要なので、わからない人には敷居が高いとかもしれません(;^ω^)

しかしマスターノードは立てていれば、安定して収益が入ってくるので長期保有を考えているのなら
挑戦してみるのもありかもしれません。

 

 

マスターノードの立て方は?

では実際、どのようにしてマスターノードを立てるのでしょうか。
簡単に流れを説明しますね。
例えばMonoeci(xmcc)でマスターノードを立てるとしましょう。

まずMonoeciウォレットをダウンロード・インストールして仮想通貨を送金します。

 

ウォレットというのはネット上の財布のようなもので、仮想通貨の保管場所になります。
この場合はMonoeciの通貨(xmcc)を保管するための財布を用意するということです。
仮想通貨を保管にするのには取引所を利用するのが一般的ですが、それではマスターノードを立てられません。

必ず自分の財布(ウォレット)に入れておく必要があります。
ちなみにMonoeciでは、マスターノードを1つ立てるのに1000xmcc(約30万円)が必要です。

 

1000xmccをウォレットに送金したら次はVPS(仮想サーバー)を契約します。
マスターノードを動かすためにはサーバーが必要です。
今回は仮にscalewayと契約したとします。
Scalewayは安くて安定していることで有名なVPSサーバーです。

サーバーの設定を行い、ウォレットからマスターノードの設定をして起動します。

これがマスターノードを立てる簡単の流れです。

 

 

報酬はどのくらいもらえるのか?

報酬の額は仮想通貨によって違いますが、先ほどのMonoeciなら公式サイトによると1日で約570円、1週間で約4000円、1か月で約17000円が報酬としてもらえます。(執筆当時)

ただし報酬の量は常に時間とともに変動していきます。
流動性によっては仮想通貨自体の価値が下がる場合もあり、逆に上がる場合もありますので注意が必要です

 

話題のTRIGのマスターノードとは?

マスターノードが実装されている通貨はたくさんありますので、常に目を光らせておくことが大切です。
そこで最近、話題になっているTRIGのマスターノードについて触れたいと思います。

まずTRIGのマスターノードですが実はまだ実装されていません。
ですが内容は発表されていて、3月31日に出る予定のウォレットに1500TRIGを入れるとマスターノードを1本立てることができます。

そしてマスターノードを1本立てると毎月、保有TRIGの25%のAMMOが報酬として入ります。
AMMOとはTRIGの送金用として使われる仮想通貨のことです。
つまりマスターノードを1本立てると毎月375AMMOが自動で受け取れる計算になります。

 

AMMOの価格は当初25%だったのですが市場による変動制になったので、25%を超える可能性も出てきました。
仮にAMMOの価格が25%で1TRIGが500円だとすると
375×125=46875円がもらえるようになります。

報酬としてはかなり良く、このことが発表されて話題になりました。

 

このように仮想通貨の世界ではたくさんのマスターノードが実装されていて、これからも増えようとしています。
DASHのように高騰してしまうと難しいですが、Monoeci やTRIGなら今からでもマスターノードに参入できますね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうかたか?
今回は、「マスターノードとは?意味や立て方を簡単に解説」についてご紹介しました。

これで、専門用語の多いマスターノードについての疑問も解決すると思います
この記事がすこしでもお役にたったんら幸いです
ぜひ参考にしてみてくださいね(・∀・)

 

 

 



絶対に知っておくべき!ド素人がネットビジネスに手を出した結果が凄まじい事に...


巷にはいろいろなネットビジネスでの稼ぐ情報がありますよね

中には数十万円もする教材や高額塾もあります
しかしネットビジネスのド素人にとっては
稼ぐには何をすればいいのか?
どんな教材を買えばいいのか?
どれが本物の情報なの?

などなど...

疑問や不安点など上げればキリがないですよね(;´∀`)

わたしもそんなネットビジネスのド素人でした
どのくらいのド素人だというと、
「え!?グーグルあかうんとって何?」
「どめいんって何!?」
「サーバーって何!? いやいや別に俺そんなにビール好きじゃないしw」


って本当にこんなレベルでしたw

ネットビジネスで月に5千円以上稼げるのは5%以下、3万円以上稼げる人は3%以下と言われています
なんとも厳しい現実ですね...

しかしなんとかして貧乏から抜け出したい!!
そんな願いを胸にネットビジネスのド素人のわたしがネットビジネスに挑戦してみたのです!


その結果が凄まじいことに...
続きはこちら